がいこくかわせ取引でリッチを目指す

banner

どこも一緒は危険

2014-01-22

FXのトレードの話ですが、FX業者なんてどこも違いはないだろう?なんて思っていませんか?
次のような点で大きな違いがありますので、どこも同じでは勿体無いですし、FXのトレードの際には危険があったりもします。

1.信託保全
今では大手でFXのトレードをやられている場合には、資産が安全だと言われていますが、その理由は信託保全をしっかりとされているからです。
確かにFX業者のサービス向上で、サービスについては同じように感じてしまうかもしれません。
ですが、この信託保全には気にしないといけない点がいくつもあるのです!
まず、FXのトレードの前に「信託保全」と言うページが用意されているかチェックしましょう。
明示しているかどうかを気にするようになれば、安全にFXのトレードができるようになりますが、この信託保全とは私たちがFXのトレードで取引を行うために預けた証拠金を、FX業者ではなく会社の資産と別に銀行で管理して貰っている状態を言います。
昔は、このFXのトレードでは手をつけてはいけない証拠金を流用するトラブルがありましたので、個人の資産については銀行管理となっているのが望ましいのです。

2.サービス対応時間
サービス対応時間が20時間となっているFX業者もありますが、これではFXのトレードで問題があった際には面倒があったりします。
FXのトレードは24時間で行われているので、望ましいのは24時間のもの。
それと、サービス対応なので20時間未満でしか対応をしていない場合には、下手をするとスタッフが少ないためにメール対応からして遅いかも知れません。
今では24時間でサービス対応をしているFX業者は多いので、サービス対応時間についてもチェックをしておき、FXのトレードをするようにしましょう。コチラのHOT-FXのようなサイトも参考に比較検討を行ってください。
また、どこのFX業者でもそうですがサービスは無料となっています。

カテゴリー: FXについて 

どこにでもある運

2014-01-17

FXのトレードでは、ビギナーズラックだけは信用しないようにしましょう。
と言うのも、FXのトレードについての初心者たちのブログを見ていればわかりますよ。
だって、最初の3ヶ月間ほどはFXのトレードで儲かっている人が多く、かなりの人がいい加減にFXのトレードをやっていても儲かっているのです。

ですが、それは余りレバレッジなどを利かせていないから・・・なんですね。
FXでもそうですが、投資の殆どには初心者は「ビギナーズラック」というものがあったりします。
何の予備知識もないようなビギナーであっても、逆に知識がないのでスムーズに取引ができているから、タイミングよくトレンドがあるFXのトレードをできたりなんて事もあるのです。

ですが、これらのビギナーズラックと言うのは自分だけではなく、誰もが(どこにでも)持っている(ある)運でしかありませんし、FXのトレードではリスクコントロールの方が重要となってきます。
と言うのも、何となくでFXのトレードをしていると、「いきなり儲かるようになった」というものが多いので、損が出ていても気づかないからです。

この損に対して儲かると思っていたとしましょう。
そうすると、リスクがあってもレバレッジを利かせてFXのトレードをやっている状態となりますので、初心者はここでFXのトレードをやめないといけなくなってしまうのです。
と言うのも、FXのトレードに慣れていない人と言うのは、「いつかは儲かる」と言う状態に頭がいってしまっていますし、すぐに損きりができないのでFXのトレードで失敗をするのです。
早い段階でFXのトレードをやめて、次のFXのトレードで儲けようとする・・・か、もしくは既に儲かっているFXのトレードを調べていると言うのがプロです。

プロの場合、FXのトレードをする際には複数のトレードを同時進行させて、リスクについても回避する術を知っています。
なので、運も知識もありでFXのトレードを進められているのです。

カテゴリー: FXについて 
Copyright(c) 2014 がいこくかわせ取引でリッチを目指す All Rights Reserved.